ウォーカープラス - ワラウ

京都の伝統工芸とディズニーの世界観が融合!『ファンタジア』の振袖やプリンセスのお香など

2021年2月23日

  • 1000年の都・京都には、その歴史とともに培われたさまざまな伝統工芸が、現在も息づいている。かつて公家の姫君たちを美しく装い、貴族たちに愛でられた伝統工芸は、日本文化の礎を築いたといえるだろう。ただ、現代に暮らす私たちからは少しばかり縁遠い存在に感じることも否めない。


    だが、京都の伝統産業はこれまでの歴史と伝統を受け継ぎながらイノベーションを繰り返し、時代とともに生きてきた。そして、さらなる伝統産業の可能性を発見できる取組みが、「ディズニー/京都伝統工芸シリーズ」展示会で披露されようとしている。なお展示会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催が延期されたが(日程未定)、商品は「47クラブ」のHPより購入も可能。


    世界で愛されるディズニーデザインが京都の伝統工芸に


    ミッキーマウスと富士山をデザインした、永楽屋のデザイン手ぬぐい・フジヤマ(2500円) (C)  Disney


    これは京都市と株式会社新通が、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社監修のもと伝統工芸を取り扱う14社を結集して行うもの。開催に至る経緯などについて、京都市とともにこの企画を立ち上げた 新通に話を聞いた。

    続きを読む